徒然なるままに
My Natural Garden & Cafe
働き方

新卒一括採用から通年採用へが意味するもの

就活ルール最後の年

経団連が決めてきた自主的な「就活ルール」は令和2年春入社(今の大学4年生)を最後に廃止されます。令和3年春入社 からは、政府が代わって新たなルールを策定することになります。

”「就活ルール」学生への会社説明会は3月1日、面接など選考活動は6月1日、内定は10月1日とそれぞれ解禁日を決めたもの”

通年採用へ

政府が決めるルールについて、政府は現行日程の順守を経済界に要請していますが、経団連と大学は今年4月、通年採用を推進することで合意しています。

企業側は、通年採用を進めるとしていますが、具体的にはどのようにするか、現場では手法がまだ確立されていません。手探り状態ですが、どのような形態になるにせよ、学生の能力・専門性を重視した採用になります。高い能力・専門性を持った学生であれば、企業は時期にかかわらず、採用しようという姿勢です。

www.nikkei.com

 通年採用が進めば、就活する学生の方は、これまで大学側から弊害が指摘されていたように、選考解禁に出遅れないようにと考えて学業をそっちのけにすることなく、自分の専門性・能力を高める方を優先するように変わるでしょう。

自分の専門性を磨くことが就職に有利になることがはっきりしてくれば、学生生活を将来への準備期間と捉えて、自分の特性、能力を考え、自分のキャリアを意識して得意な分野を伸ばそうと力を入れるようになります。

自ずと自分は何をやりたいのか、どういう仕事をして生きていくのかをこれまで以上に意識した学生が入社してくることになります。企業側もどういう専門性を持った人材を求めるのかを意識し、それにふさわしいキャリアパスを用意し提示できなければ、高い専門性をもった学生を引きつけられないでしょう。競合他社に優秀な学生が流れないように、社内の人事制度の見直しが迫られます。

こうして、会社で仕事をする仕方が、徐々に変わってきます。 終身雇用の終焉はこの変化を加速させます。定年を待たずして解雇される可能性が珍しくなくなってくれば、会社外でも通用する仕事の仕方を普段から意識するように変わります。そこの会社だけで通用するものしか身についていないとリスクが高くなるからです。

通年採用に対応したキャリアパスを意識した人事制度の変更、終身雇用の終焉、さらには年金制度の限界による政府の副業・兼業解禁の環境整備、長寿化の進行による現役で働く期間の延長(65歳〜70歳まで)の動きは、新しく労働市場に入ってくる学生だけでなく、既に勤めている若手、中堅、シニア社員の意識改革を間違いなく進めるでしょう。これらの動きは全て、所属組織を超えて外の世界でも通用する仕事、外とつながっていくことを意識するように促します。

一つの会社で働いて定年を迎えて生涯を終えるという人生設計は、もう終わっています。どう生きるか、どう生きたら自分は幸せで心地良いのか、何をして社会と関わって行きたいのか、一人ひとりが自分と向き合うことが求められています。

これは大勢のパターンに従った人生を送るより、ずっと幸せなこと。成熟した社会の到来です。フォーカスは集団から個へ移っています。

様々な人の需要を満たすために、AIなど新しい技術を使った、これまで以上に革新的なサービスが生まれてくるでしょう。旧いものは姿を消していき、安価で満足度の高いサービスが受けられる社会が立ち現れてくるでしょう。そうした価値ある財・サービスを提供できる企業が令和の時代は急成長していくでしょう。

いろいろな動きは縄をなうように相まって、一つの方向を目指して進んでいます。先を明るく見て、小さなことには拘らないよう大きく捉えて、というのが私の最近のテーマです。

では、また明日。