徒然なるままに
My Natural Garden & Cafe
時事

独立金融アドバイザーが業界団体設立

IFAを利用するメリット

中立性 ー 顧客目線でのアドバイスが期待できる

 独立系金融アドバイザー(IFA:Independent Financial Adviser)が業界団体を設立するという話です。

www.nikkei.com

 『IFA:内閣総理大臣の登録を受けて証券会社や銀行と業務提携を結び、株や債券、投資信託などの売買の仲介を行う金融商品仲介業者に所属する外務員。独立・中立的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家。』

 

資産運用で助言を求める場合、よくあるのが金融商品を売っている金融機関の窓口で相談するというものですが、その他に独立系金融アドバイザー(IFA)に相談するという選択もあります。

IFAと金融機関の窓口が最も違う点は、IFAが独立・中立的な立場からの助言が期待できる点です。金融機関の窓口では、自社グループで作った金融商品の販売に力を入れます。競合他社グループで作られた商品は勧めません。またキャンペーンを張って、特定の商品を会社の方針に従って、推奨するということもあります。顧客がどういう要望を持っているかをよく聞かず、売り込むことを優先したりします。

政府は“貯蓄から投資へ”のスローガンを掲げて、金融リテラシー(知識)を持たない人でも、安心して資産運用を行い、老後のための資産形成ができるようにするため、金融庁による金融機関への監督を厳格化しました。

金融機関も営業姿勢を転換し始めた

顧客本位の営業姿勢を強く指導した結果、かつてのような無茶な営業スタイルは見られなくなりました。金融商品を購入した顧客に、短期間で次の商品へと乗り換えさせて販売手数料を稼ぐというのは珍しくありませんでしたが、金融機関はこうした姿勢を転換させています。営業員の成績評価の方針をどれだけ売ったかでなく、顧客からの預かり資産の大きさで評価するように変更し、顧客との長期的な関係を重視したコンサルティング中心の営業へと舵を切るようになりました。

長く付き合ってもらって、その中で取引をしてもらい地道な収益獲得につなげようというスタイルです。

政府は、顧客の目線で資産形成を助ける役割を果たすよう、金融機関に求めています。こうして、窓口の営業員はIFAと同じ性格に近づいてきていますが、独立した立場のIFAの方が、より顧客の立場にたったアドバイスが出来ると言えます。

業界団体設立の背景 ー 資産形成に動き出した人々

IFAのテリトリーが広がりつつある

業界団体が設立されるのはIFAを利用する個人が増えて来ているためで、設立後、業界団体として業界のルール作り等に取り組み、現状個々のIFAによってばらつきの多い助言内容や、コンプライアンスの面で整備を図り、存在感を高めて行こうとしています。

大手の証券会社もIFAとの連携を求める動きが出ており、金融庁も業界団体の取り組みを後押しする方針とのこと。金融庁の金融審議会市場WGの報告書「高齢社会における資産形成・管理」の中で、信頼できるアドバイザーを見つけることが提案されています。

底流に見える個人へのパワーシフト

また、今後も証券会社などからIFAとして独立する営業員は増える見通しとのことです。組織を離れて個人事業主としてやっていくわけです。独立した公正な対場で顧客の信頼を得てやっていくことを選ぶ、即ち、社会に対し本当に価値あるサービスを提供しようとする主体には、追い風が吹くように変わってきたのかなと感じます。

旧来の組織の都合では物事は動かなくなってきている。個々人が本当によいものを求めて行動するようになり、それに応える個人がまた増えている。個人が中心になる時代が来ている気がします。


では、また明日。