徒然なるままに
My Natural Garden & Cafe
時事

フェイスブックのリブラが変容させるのは決済制度に留まらない

ファイスブックが仮想通貨リブラを発表しました。2020年からサービスが始まります。

www.nikkei.com


ファイスブックの利用者間で簡単に送金ができるようになります。利用者が世界で27億人いるので大きなインパクトとなるでしょう。

改ざんが難しいブロックチェーンの技術が使われ、実在する資産で裏付けられ、ドルやユーロと一定の比率で交換可能のため、ビットコインのように投機対象になって価格が乱高下することがありません。通貨として流通に必要な要素が確保されています。

開発途上国を中心に17億人いると言われる銀行口座を持たない人たちに対し送金サービスを提供することを主眼にしています。ファイスブックのアプリを使って銀行口座を持たなくてもユーザー間で送金ができるようになります。国際送金では高い手数料を銀行に払わなくてはいけませんが、はるかに低コストで可能になります。銀行のテリトリーが間違いなく浸食されることになります。

リブラの最終設計とネットワークの管理など行うため、スイスに非営利組織のリブラ協会をおき、ビザ、マスターカード、音楽配信のスポティファイ、ライドシェア最大手ウーバーなど約30社・団体が加盟しています。リブラ協会の運営はファイスブックとは独立で、ファイスブックは加盟企業の1つに過ぎないという立場。2020年上期の運用開始時には100社程度に増やす方針です。ファイスブックの狙いは経済圏づくり。リブラが使用されるエコシステムを構築することで、更に多くのユーザーを自身のプラットフォームに引きつけようとしています。


一方で、個人情報の保護や資金洗浄(マネーロンダリング)対策のため規制が必要とけん制する声が上がっています。どういう規制の枠組みを掛ければよいか検討が必要との各国規制当局の認識です。想定される影響力の大きさゆえ、規制当局は対応を迫られます。

規制当局は、既存の銀行業界を保護する意図でファイスブックの行動に制限をかけることはありません。新しいサービスの出現に対応して、利用者が安全に利用でき、不正な目的に悪用されないための規制が掛けられます。こうして利用のための環境が整備されることで、リブラの普及は進むでしょう。

規制当局は、国境を越えた仮想通貨での決済を可能にする環境作りを否応なく引き受けることになります。

環境整備のための課題はあっても、必ず克服されていくでしょう。便利なものを押しとどめておくことは出来ません。より低コストで利用できるなら仮想通貨は、従来の国家が管理する通貨より選好されるようになります。通貨が法定通貨に限定されず流通するという認識が、グローバルベースで現実の形になります。

ファイスブックに対抗して、同様のサービスに乗り出すプラットフォーマーが出てくると予想されます。競って仮想通貨による国境を越えた決済インフラが提供されるようになれば、国家の支配は弱まり、世界中の人が直接やりとりする世界に近づいていきます。国家は人々の自由な活動に対し適切な環境(インフラ)の整備を行う。人々を“支配する”からに“奉仕する”形に徐々に変わって行くと思います。

リブラのニュースに大きな波を感じます。

それでは、また明日。