徒然なるままに
My Natural Garden & Cafe
こころ

人生100年時代に思う

「人生100年時代」という言葉がメディア等で定着するようになりました。長生きすればそれだけ生活費がかかりますが、老齢になると若いときのように働くことが難しくなります。従って、リタイア後の生活資金は、年金と現役時代に蓄えた資産が主な頼りになります。

しかし、年金だけでやって行けるとは思えません。長生きするのであればするほど、多くの蓄えが必要になります。体が元気なうちは働き続けたいと答える人が多いのは、こうした事情を考えてのことでしょう。また、働くことで社会に参画している実感や刺激を得られ、心の満足も得られると期待しているのでしょう。

ところで、本当に100歳近くまで生きることになるの?と素朴に思ったので調べて見たら、ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラット氏の有名になった著書「ライフ・シフト」がきっかけになったようです。(邦訳2016年10月出版)

(同氏の公演から引用)

【世界では長寿化が急激に進んでいます。過去200年のデータを見ると、10年ごとに寿命が2年ずつ延びています。 〜中略〜   先進国では1967年生まれの半数は91歳まで生きると見込まれます。1987年生まれは97歳、2007年生まれに至っては2人に1人が103歳まで生きることになります。日本の場合はさらに長寿で、2007年生まれの半数が107歳まで生きると予測されています。人生100年時代は私たちが思っているより速く、驚くべきスピードで進行しているのです。】

厚生労働省は「人生100年時代構想会議」を2017年9月に立ち上げています。

www.mhlw.go.jp

人生100年は額面どおり受け取って良さそうです。

ちょっと違和感を覚えるのは、元気なうちは働き続けようと考える人たちの中には、(寿命が伸びる分活動して人生を謳歌しようでなく)寿命が伸びるからそれに合わせ“食べていくため”にリタイアする時期を遅らそう、否、“遅らさざるを得ない”と考えている人が多いのでは、と思うのです。

本当の思いは、“お金の心配なくゆったりとしていたい”のでは。時に働くことがあっても、それは自分の好きなことで、自分のペースでやりたいな、というところでは。リタイアしたら、体が動く元気なうちに、やりたいことを存分にやりたい。これまで出来なかたことを楽しみたい、ではないでしょうか。

政府や識者は、長寿社会の生き方といった例を示して人々に備えるよう唱導します。長生きが備えなければならないリスクのように、受け止められているのは残念な気がします。

アクサ生命保険が行ったアンケート結果では、

「人生100年時代において、あなたは100歳まで生きたいと思いますか?」と尋ねたところ、「あまりそう思わない」41.9%、「まったくそう思わない」36.9%と、約8割にあたる78.8%が「100歳まで生きたいと思わない」と答え、100歳まで生きることを望む層はわずか21.2%と少数派であることが明らかになった。

医療の進歩がもたらした結果がこれでは。うーん。

政府は高齢化がさらに進めば医療費、社会保障費が増大するので、健康で働いて国に養われるのでなく、自立して税金を納めて欲しい事情もあります。

人生の晩年はお金の心配なく、これまでの責務から解放されて、穏やかに自由な時間を楽しめる時期と皆が思えるようでありたい!

個人個人の創意工夫とちょっとした勇気で、これからの時代を技術の進歩を享受しながら幸せに生きていく方策をテーマに考えて行きたいと思います。

大きなテーマなので、折々に思いつくままに考えたことをアップして行きます。とりあえず今日はここまで。

ではまた明日。