徒然なるままに
My Natural Garden & Cafe
資産運用

資産運用とは

リタイア後の生活資金は、年金でまかなえない分は自分で準備することになります。月々の給与から貯金するだけでは厳しいので、資産運用をしています。

金融商品に投資し、複利効果で時間を味方につけて、お金に稼いでもらうわけです。

政府は「皆さん、自分の老後に必要なお金は自己責任で用意して下さい。国の年金財源は足りなくて面倒見切れません。」そのため、「銀行に預けてあるお金を投資に回して自分で殖やしましょう。国の方で、投資の経験のない人でも安心して投資の世界に入れるよう環境整備はしますから。」と言って、法律を改正し(金融商品取引法)、NISAを創設するほか、金融機関の営業姿勢が「顧客本位」になっているか厳しくチェックするようになりました。

こうして「貯蓄から投資へ」と旗を振り続けていますが、思惑通りにお金は動きません。低金利で銀行預金に寝かせていても利息はほとんど付かないのに。家計の金融資産1700兆円の数パーセントでも日本の株式市場に流れ込めば、経済効果も望めるのですが。

www.nikkei.com

人の心は、利益を得ることより損失を回避しようとすることが行動経済学で知られていますが、他国と比べて、日本人の心性は不確実なものを特に嫌うのでしょうか。間違いなく、きちんと、正確に分かっているものでないと近寄らない。

先行き不透明な状況では投資へのハードルは高いのかもしれません。経済全体が拡大し趨勢として株価が右肩上がりが続いているなら、参入しやすいですが、上がるかもしれない、下がるかもしれないとなると、賭け事に加わるように感じるのかも。

そもそも、なぜ投資が価値を増やす機会であるのかが認識がされると、投資が、リタイヤ後の生活資金の形成という多くの人の目的にかなう手段だという理解が進むのではと思います。

短期売買で利ざやを抜くのも投資手法として有りますが、長い時間軸で資産形成を考えるとき、基本は長期保有(Buy & Hold)です。

  <長期保有の投資の考え方>

買った株式の会社が業績が良ければ、株主として会社が稼ぎ出した利益を持分に応じて配当として受け取ることができます。会社が配当で株主に還元せず、有望な事業に投資するための資金として留保する場合もあります。この場合、配当はもらえなくても、その投資が将来の利益成長につながると市場で評価されれば、株価は上昇します。

業績の良い会社、利益を安定して生み出していける会社とは、社会で有用とされ求められている商品・サービスを提供できる会社です。そして環境が変化する中でも新たな求められる商品・サービスを生み出していける会社です。

そうした会社の株式を保有するとは、株主としてその会社を通じて社会に便益をもたらす(人々の生活を向上させる)、その対価を株価上昇という形で報酬を得るということです。

株価は将来の価値を織り込みますから、これからどういう技術が出て来るのか、それを商品化し社会に広く利便性をもたらし前進させる能力を備えた会社はどこか、それが可能な一番近いポジションにあるのはどこの会社か、同時に、景気の変動があっても既にしっかり社会の中に根を張っていて揺らがない(一時的に株価は下落しても回復力がある)会社はどこかという視点で見ていく。

もちろん国内に限らず。自分の手元資金を使って世の中をよくするために使う。経済・社会の動きをよく観察し考えて、自分の住んでいる世界を豊かにする力を備えた会社を支持して、お金を充てる。ということです。

これが投資が価値を増やす機会であるということ、投資が利益を生むという仕組みです。何も思いを働かせず、利息を約束してくれるからお金を委ねるでは、その対価は小さくて当然。

いつの世も人々は安心・便利な生活を求め社会を進歩させて来ました。そのためにより多く貢献する会社にはそれだけ豊かさが返って来ます。投資とは、株主となって参加することでその豊かさの分け前に与るということです。そういう見方で投資に入れば長期の時間軸でリスクはかなり抑えられると思います。

私は長期投資で早期リタイアを目指しています。

では、また明日。